芋天ぷらで復活したシェル

先日、知人から茗荷を大量に送っていただきました。




定番の食べ方は やはり冷や奴の上にトッピング

お味噌汁の具 天ぷらにしちゃうとか かな?


で、天ぷらにしちゃいました。



流石にワンコ達には 食べさせるわけにはいかないので、

人間が夕食に頂きましたが、茗荷はまだまだあるよ~

この独特な苦味が癖になりそう (笑)

美味しかったですよ。シェル友のFさん

沢山送っていただきありがとうございました。




天ぷらでの思いでは沢山ありますが、やはり、ダントツ一位は、先代犬ランティでしょう



(お写真がないので、マァラスが代理です。)


先代犬ランティは14歳と6ヶ月のころ

急性膵炎に倒れ、戻すは 下すはで、

深夜も2時間ごとの介護で、医者の治療法も、ただ絶食と、点滴を繰り返すしかなく、

食事を受け付けないのに錠剤は日に2回飲まなくてはいけなく…

大好きな食パンに挟んで だまし だまし食べさせていましたが、

流石に1ヶ月も続けば嫌になり、当人も口を開けるのも嫌な様子。



介護食の中に薬が入っているのも、バレバレ 七転八倒の日々が続き、

病気を発症してから2ヶ月後 食事もとらなくなりました。

あの頃はちょうど10月の後半

食べなければ体力は落ちて行きます。

そして、ただの食事も口にしなくなりました。





それから、11月最初の連休

娘が大学の休みで帰ってきた夜


久しぶりにランティに会って見舞った娘、


もうこれで抱きかかえるのも終わりかもしれないと、心の準備はできていました。

夕食は天ぷら、


キッチンの床にいつもランティのお布団ごと置いて

寝かせたまま料理作りをするのですが、

駄目もとで、できたてのほくほくの芋天ぷら、


少し冷えかかったところで衣を取ってふぅーふぅーと冷やしながら

口元にもっていってあげました。




ぱくっ!

食べちゃった

あまりの驚きと、喜び、

食べたいのならいくらでも食べていいよ。

幸いな事にこの日を堺にランティは食事もするようになりました。

膵炎の数値を気にし過ぎて、アミラーゼの濃度が

どうしたなんてもうどうでもよくなっていたんです。





そして、お正月をすごし、寝たきり老犬は筋肉を増やしながら春を迎え、


お世話になっていた(?!)当時の動物病院を思い切って縁を切り、

あらたに老犬、老猫の介護に強い病院に移りました。


膵炎は等に治って(?)いたのです。


ポチっとお願いします↓     
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
  





そして、それから、ばぁちゃんシェル ランティさん

新たな病院通いと、ワンコ、飼い主友に恵まれ、

18歳と9ヶ月も生き抜いてくれました。

(膵炎を発症してから4年も生きていてくれたのね。)


勿論、芋天ぷらを作った日には遺骨の前に衣をとって御供えしてます。


ランティ、有難うね。

今、マァラスがここにいるのも、

貴女が長生きしたからタイミング良くここに居るんだよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

天ぷらとの思い出・・・。
先代シェルのランティちゃんとそんなことがあったんですね。

どんなことでも、思い出として残っていきますよね。
そして、それが次のワンちゃんにつながっていきますよね。

レオの先代シェル、茶太朗のことを思い出しながら読ませてもらいました。
ありがとうございます!

No title

ランディちゃんと芋天のお話、いいお話ですね~
ママさん、芋天作って本当によかったですね。
ランディちゃんも食べれてよかった~
それから4年も頑張ってくれたんですもの。

エル家の先代シェル、ロッキーは、パピーの頃に
バベシアを発症して(飼い主が無知でマダニの事を
知らなかったんです)それが後々までひびき11歳で
亡くなってしまったんです。
だからエルは、長生きしてほしいと心から願ってます。

マァラスちゃん達もいつまでも元気でいてね。
エルママからのお願いです。

No title

良いお話を読ませていただきました。
本当に、ワンコの持っている生きるという力は、未知なるものですね。
病院を変えるという選択も、大事ですね。
ランティちゃんの生きる力に感心しちゃいました!!
前の子がいるから、今の子がいてくれるんですよね^^

なんか、写真の鷺が~!?^m^

私も、茗荷が大好きなので、刻んで鰹節、醤油をかけて食べちゃいます(^^♪

No title

季節が変わると、その頃何をしていたとか思い出がよみがえってきますね。

もう、落ち着いていたつもりでも 
やはりじわ~っと、泣いちゃう事ありますよ。(照れ)

芋天 お好きですか・?(笑)

No title

どの子も皆違う事は解っているんですけどね。

今回あまりにも性格の違いすぎるわんこで 
3匹のメリハリが良く着きますよ。(笑)

人間の子育てと同じですね。兄弟が多いだけです。(笑)
私の人生に関わってくれて有難うと、お礼を言いたいですよ。

No title

犬は一週間ぐらいは食事をとらなくても平気だと医者に言われても

やはり、お腹が空いていてはとか、お薬も飲まなくてはは治らないとか、
葛藤がありました。
今思えば、もっとリラックスすべきだったと思います。
彼女にプレッシャーをかけていたのかも・・・(すみません・・・)

No title

ランティちゃんの話、つらく悲しかったです。胸を打ちました。

ランママさんの愛情がランティちゃんに伝わり、愛情が膵炎を治してくれたんでしょうね。
それしか考えられません

ランティちゃんがいるからラスティくんがいる。そしてマァティくんがいるんですね。
たかが芋天、されど芋天。芋天にはこんな素晴らしい話があるんだ!!
私も芋天を作る度、この話を思い出しますね。だって、すてきなんだもん!!(*^。^*)

プロフィール

ランまま

Author:ランまま
去年の夏に二代目シェルティーを二匹飼い始めた主婦です。
やんちゃな二匹に奮闘中!

↓我が家のシェルティー↓
初代様:ランティー(セーブル)

2010年の11月に天国へ…。
18歳と9カ月でした。

二代目:マァティ(ブルーマール)

現在、5歳。
6歳まで、あと…Happy Birthdプライドの高いオカルト犬。

二代目:ラスティ(トライ)

陽気でおバカ、でもちょっとビビり…。
6歳まで、あと…Happy Birthdでかシェルです。

麟太郎(うさぎ)

バイブラック(?)なやんちゃうさぎ。
茨城出身。
2013年6月2日に天使になりました。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
参加させていただいてます^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR