flower border

Tey-family

やんちゃな我が家のシェルティたちのブログです。

ランティさん 3回忌・・追悼 

Categoryランティ教
今日は先代犬ランティの命日 三回忌です。

          3ヶ月のランティ

当時のようす ランティさんは

 生後50日ほどで来たのですが・・ちょうど、G・Wにかかり、

当時主人が、仕事で新潟にいたので 遊びに行くことになり 

ランちゃん再びブリーダーさん預りとなり この写真はブリーダーさんから

連れ帰って2日目の夜 玄関で、びびりまくっている時だと思います。

この写真のように良く前足を片方だけ曲げる癖がありました。

ラスもやりますが・・・・

おちびの娘 おちびのランティ・・越して来たばかりの新しい家

全てがこれからスタートの頃でした。

パピー ランティ 20001 1

お耳だけは立ててはいけないをしっかり守ったせいか

見事にドッグ・イヤーの半立ちに成功

初めてのシェルティを飼うので、これからが勉強でした。

(ムーミンに出て来る スニフに似ているとよく言われてましたが・・)


ランティの生涯は 国内の旅行はほとんど連れて回りました。

娘の学習塾 連休の観光地廻り 九州の帰省 冬はスキー 旅館 

それでも、海外には、連れていけなけったので、

その間は、家族扱いしてくれるペット・ホテルにあずけると・・・・

きまって、フェンスに鼻をすりむくようなケガをして 家に戻って来る時

ホテルの方は、申し訳なさそうに謝られて・・・こちらも・・恐縮・・・(笑)

飼い主と離れるのはやはり不安なのでしょう・・


歳をとる度にその様子が目立つように・・

おちびの頃は、『私はひとりでも生きていけるのよ!』みたいな

ランティさんも 10歳過ぎて来ると あのホテルの名前を口にしただけで、

ぶるぶる・・・震えてました。

(そんなに怖い所だった?の?)

ランティ 50001 24 11 23 1

どこに連れて言っても 気持ち大きめのシェルティだったので、

御年輩にはラッシーと、呼ばれていました。(ランティですがね。)


まぁどちらでもいいですよ。呼び名はランちゃんでしたから・・・

そんなランさんも18歳と、8ヶ月20日 まで頑張りました。

14歳の夏 仙台方面を周り(甲子園で、斎藤VS田中の決勝2回戦の頃)

松島 石ノ森ミュージアム 山寺など見学 ペンションに泊り 

9月20日 急性膵炎で、いきなり倒れてしまうまでは

丈夫なわんこだと思ってました。(ご高齢だったんですよ。 ごめんね)

その後は、いままでのツケが回って来たかのように介護の日々・・

生死半々覚悟して下さいの日常を過ごしてきました。

そんな、亡くなるまでの事はまた後日に・・・

ここまで読んでいただきありがとうございます。

また、お付き合い下さいませ。

    ポチっとお願いします↓     
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
        
                         ぽちっと






スポンサーサイト

1 Comments

シャクレ  

ランティ、色んな所に一緒に連れて行ってもらえて、いつもママと一緒で本当に幸せな一生でしたね。

ホテルの名前を聞いただけで震えるなんて、可愛過ぎですね。
よほど、イヤだったんですね。

2012/11/25 (Sun) 23:15 | REPLY |   

Post a comment